申請事例

【受給保険金額2,535,662円】申請金額よりも58万円も多く給付-千葉県佐倉市

2020年9月27日

損傷している軒天

2019年9月9日に関東地方に上陸した台風15号では、観測史上最強クラスの勢力によって千葉県を中心に甚大な被害を出しました。

おうちの保険申請.comが提携している業者様では、この台風による自然災害によって被害を受けたお住まいの修理工事を数多く行いました。

今回は、千葉県佐倉市において大きな被害を受けた住宅の申請事例をご紹介します。

台風による損害状況

屋根と軒天の被害が大きく、実費で修理を行うにも工事代金がどうしても高額になってしまうような状況でした。

軒天においては目視でも認識できるほどの大きな剥がれ、損壊が発生していました。

そのため、火災保険の適用範囲として保険金申請サポートを活用されました。

軒天修理

軒天で壊れた箇所の修理は、まず既存の軒天部分の撤去から始まります。もちろん撤去した不要な建材は施工業者で処分します。

その次に、軒天を新設する工事へ。

修理箇所にはパテ補修・塗装を数回行い、工事が完了いたしました。

申請金額よりも多くの損害保険金が下りた場合

今回の申請事例では、当初の火災保険の申請金額は195万509円でした。

それに対し、実際に保険会社からおりた金額は253万5662円でした。

結果、約58万円多くおりています。

このように、申請金額よりも多くの保険金額が支払われた場合、差額はお客様が自由に使って良いものです。

と言うのも、工事はあくまでも工事代金として見積もった申請金額の範囲内で行われるからです。

ご希望があれば、その金額でさらにご自宅の改装工事をすることも可能ですし、工事以外でも差額の使途に制限はありません。

ご自身での保険金申請・実費修理をする前に

火災保険の申請は、申請書類の取り寄せから始まり、見積もりの準備、と面倒で複雑なステップであることがほとんどです。

保険会社の担当者様によっては、電話で被害状況を確認するのみで申請対象外と判断。申請までも至らない、、、ということも。

おうちの保険申請.comでは、無料で一戸建て・一等アパートの被災調査を実施しています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

https://ouchi-hoken-shinsei.com/

火災保険金の申請サポートを詳しく見る
  • この記事を書いた人

おうちの保険申請.com運営事務局

持ち家に対する火災・地震保険の加入者が利用できる損害保険金の申請サポートサービスを提供しています。自然災害を含めた被災の申請期限は被害にあってから3年以内が目安です。保険金請求の権利があることを一人でも多くの方に知っていただけるよう活動しています。

-申請事例
-

© 2021 おうちの保険申請.com